憂郭ゆうかく

福岡最大メンズアロマ【憂郭(ゆうかく)グループ】の
鳳凰苑(博多駅前店)です

憂郭-ゆうかく- 鳳凰苑(博多駅前店)

憂郭グループの博多駅前店として誕生した「憂郭鳳凰苑~ゆうかくほうおうえん~」ですが、開店から沢山のお客様がご来店されています。
店内は、鳳凰が大きく描かれた絵画が飾られ、戦国時代の象徴でもある日本刀が飾られています。オーナーこだわりの独創的和風空間で、「安息の空間」「情熱の空間」どちらも大変好評です。
JR博多シティ博多口より徒歩5分で行ける場所も魅力のひとつ!接客技術にも定評ある「鳳凰苑」で、本日も癒されてみてはいかがでしょうか!?
※女性のお客様にも多数ご来店頂いておりますので、お気軽にお問い合わせください。

鳳凰(ほうおう、拼音: Fènghuáng )は、中国神話の伝説の鳥、霊鳥である。鳳皇とも言う。
日本や朝鮮など東アジア全域にわたって、装飾やシンボル、物語・説話・説教などで登場する。前2世紀頃前漢の時代に成立されたという中国最古の類語辞典『爾雅』17章によれば、嘴は鶏、頷は燕、頸は蛇、背は亀、尾は魚で、色は黒・白・赤・青・黄の五色で、高さは六尺程とされる。『山海経』「南山経」では鶏に似ており、頸には「徳」、翼に「義」、背に「礼」、胸に「仁」、腹に「信」の紋があるとされ、同じく『山海経』「西山経」ではヤマドリに似ているとされた。 後漢の字典『説文解字』では、顔は鴻、前半身は雁またはオオハクチョウ、後半身は麟、頸は蛇、尾は魚、額は鸛、髭は鴛鴦、紋様は龍、背中は亀、嘴は鶏、頷は燕と記された。南朝の時代に成立した『宋書』志第十八では、頭は蛇、頸は鶴、背は魚、腹はスッポン、尾羽は魚の尾鰭、前半身は鴻に似ており、頭は青く、翼を並べるとされる。同じく『宋書』巻二十八では孔雀に似ているとされる。また南宋の『癸辛雑識』では高さ一丈(約3.07m)ほどで、尾は鯉に似、色が濃いとされた。

憂郭-ゆうかく- 鳳凰苑
http://yuukaku-hououen.com